平成16年度バイオマス利活用優良表彰募集

主 催 農林水産省、社団法人日本有機資源協会、
社団法人地域資源循環技術センター、バイオマス活用協議会
後 援 経済産業省、国土交通省、環境省

農林水産業のバイオマスの利活用への取組により、環境配慮への関心が高い多くの関係機関・団体等の優良な活動を顕彰し、もってバイオマス利活用の加速化を図ることを目的としたバイオマス利活用優良表彰を実施しました。 平成16 年4月から6月末まで自薦、他薦を問わず幅広く募集を行ったところ、全国から77事例の応募(下記 資料 01)があり、審査委員会(下記 資料 02)(委員長東京大学教授横山伸也他7 名)において審査した結果、農林水産大臣賞2 点、農村振興局長賞10 点、(社)日本有機資源協会会長賞9 点、(社)地域資源循環技術センター理事長賞2 点、バイオマス活用協議会会長賞6 点が下記 資料 02のとおり決定されたのでお知らせします。
なお、表彰式につきましては、地方農政局ブロック毎に開催されるバイオマスシンポジウム等の場を活用し開催いたします。


→資料01.バイオマス利活用優良表彰(77主体 応募一覧)  [PDF 16KB]
→資料02.概要・表彰式実施予定・審査委員会・受賞者一覧  [PDF 44KB]
→資料03.取組事例概要(農林水産大臣賞・農村振興局長賞)  [PDF 1.1MB]
→資料04.取組事例概要((社)日本有機資源協会会長賞・
(社)地域資源循環技術センター理事長賞・バイオマス活用協議会会長賞)
  [PDF 1.3MB]

バイオマス(再生可能な、生物由来の有機性資源で化石燃料を除いたもの)の総合的な利活用を推進するため、「バイオマス・ニッポン総合戦略」が平成14年12月に閣議決定されました。農林水産省では、この趣旨を踏まえて、これまで十分に活用されてこなかった家畜排せつ物、食品廃棄物、間伐材などのバイオマスの利活用を図るための取組を推進する施策を喫緊の課題として実施しています。
このため、地域において農林水産業のバイオマス利活用への取組により環境配慮への関心が高い自治体、関係機関・団体等の優良な活動を広く顕彰し、より一層のバイオマス利活用の加速化を図ることを目的とした「バイオマス利活用優良表彰」を平成16年度より実施します。 本年度(第1回)の「バイオマス利活用優良表彰」は下記要領で募集を行います。


1.募集対象
農林水産省農村振興局で実施している「バイオマス利活用フロンティア推進事業」又は「バイオマス利活用フロンティア整備事業」を活用するなど、地域において農林水産業のバイオマス利活用への取組により環境配慮への関心が高い自治体はじめ、多くの関係機関・団体等の優良な活動とします。

2.応募・推薦資格
地方公共団体、法人(関係機関・団体)、個人など

3.募集期間
平成16年4月1日(木)〜平成16年6月30日(水)

4.応募・推薦方法
申込者は所定の応募調書・推薦調書に必要事項をご記入の上、下記事務局「(社)日本有機資源協会」宛にご送付下さい。
応募調書については事務局である、(社)日本有機資源協会のホームページ (URL:http://www.jora.jp)からダウンロードが可能ですし、農林水産省ホームページ (URL:http://www.maff.go.jp/nouson/nouson/biomass03/biomass%20top.htm)からもダウンロードが可能です。 なお、応募調書・推薦調書の入手について郵送をご希望される方は、住所、氏名等返信用宛名をご記載の上、切手140円分を貼った返信用封筒(角型2号:240mm×332mm)を同封の上、(社)日本有機資源協会宛に請求して下さい。

5.表彰内容
学識経験者等で構成する「バイオマス利活用優良表彰審査委員会」で審査し、優れ たものに対し次の賞を授与します。
・農林水産大臣賞
・農林水産省農村振興局長賞
・社団法人日本有機資源協会会長賞
・社団法人地域資源循環技術センター理事長賞
・バイオマス活用協議会会長賞
自治体に対しては、「バイオマスフロンティア」の称号を付与します。

【お問い合わせ先】
(社)日本有機資源協会

URL:http://www.jora.jp/
〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館 401
TEL 03-3297-5618 FAX 03-3297-5619
E-mail hyosho@jora.jp
担当:下田、嶋本

ダウンロードまたは、保存するには、リンクをマウスで右クリック(Macintosh の場合はしばらくクリック)して、[対象をファイルに保存] などのメニューから保存を行ってください。