JORAロゴ

 

平成27年度
地域バイオマス産業化支援事業(全国段階)

 本事業は、バイオマス関係7府省注)が共同で取りまとめた「バイオマス事業化戦略」(平成24年9月6日 バイオマス活用推進会議決定)において、地域のバイオマスを活用した産業化等を推進することとされたのに基づき、バイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強いまちづくり・むらづくりを目指すバイオマス産業都市の構築を推進するために実施するものです。この目的を実現させるために、次の5つの業務を実施しました。
 注)内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省

1 事業可能性調査  
 バイオマス産業都市の実現可能性の高い地域を把握するための調査を行うとともに、地域バイオマス産業化整備事業の実現性の確認に必要となる資料収集、現地調査を行いました。

・バイオマス産業都市構想策定支援対象地域の調査について
 バイオマス産業都市の認定を目指す地域を対象として、バイオマス産業都市構想の策定について支援を行う対象地域を公募、選定し、バイオマスの熱利用や発電等のバイオマス活用事業の実現可能性について資料収集・現地調査等を行いました。
〈参考〉公募要領はこちら 【PDF 1.5MB】

2 経理管理指導等   
 地域バイオマス産業化整備事業の事業実施主体を対象に経理管理指導(Q&Aの作成)等を行いました。


3 連絡協議会の運営   
 バイオマス産業都市間のネットワーク化のため、選定されたバイオマス産業都市と7府省等で構成される連絡協議会を設置し、事務局としてその運営を行いました。

4 シンポジウムの開催   
 バイオマス産業都市の構築を推進するため、シンポジウム等の開催や関連するデータ整理を行い、バイオマス産業都市の周知も行いました。

(1)バイオマス大賞について
 本事業の、ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016(主催:一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会)の一部門である「バイオマス大賞」に当協会が協賛しました。
 「バイオマス大賞」とは、「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016」(主催:一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会)に協賛団体賞として設けた賞です。

・ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016「バイオマス大賞」表彰式について
  表彰式は平成28年3月15日(火)に開催いたしました。
  受賞者は次の通りです。
 <グランプリ>
  真庭市(地域産業を軸に「木を使い切り 山を生かす」強靭な地域創造)
 <準グランプリ(地方自治体部門)>
  宮城県大崎市(避難場所へのエネルギー供給を可能にする
  地域産エネルギー(太陽光発電・バイオマス)複合利用の取組)
 <準グランプリ(企業・産業部門)>
  静岡油化工業株式会社/静岡県工業技術研究所(コーヒーかすを
  原料とした高カロリーペレット燃料の開発)
 <準グランプリ(NPO・市民活動部門)>
  霊山プロジェクトおよびNPO再生可能エネルギー推進協会(地域
  および世代間連携による農産物六次産業化とエネルギー資源作物生産)

・バイオマス産業都市推進シンポジウムについて
  シンポジウムは平成28年2月2日(火)に開催いたしました。
  バイオマス産業都市推進シンポジウムは、「先進エネルギー自治体サミット2016」(主催:一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会)の一環として平成28年2月2日(火)に開催いたしました。多数の方々にご来場いただき、大盛況のうちに終了いたしました。
 <開催概要>
 開催日時:平成28年2月2日(火)13:00〜15:30
 開催場所:イイノホール&カンファレンスセンター4階ホール
 主催:一般社団法人日本有機資源協会
 プログラム:
 開会挨拶  兒玉 徹 一般社団法人日本有機資源協会 会長
 第1部 基調講演・事例報告
  ・基調講演「バイオマス産業都市構築に向けて」
   横山 伸也 氏 公立鳥取環境大学 環境学部 環境学科 教授
   (バイオマス産業都市選定委員、バイオマス産業都市推進委員会
    委員長、一般社団法人日本有機資源協会 副会長)
  ・事例報告「興部町バイオマス産業都市について」
   硲 一寿 氏 興部町長(バイオマス産業都市連絡協議会 会長)
 第2部 パネルディスカッション
  テーマ:「バイオマス事業の課題と今度の展望」
  コーディネーター :硲  一寿 氏 興部町長
  パネリスト:横山 伸也 氏(公立鳥取環境大学 環境学部 環境学科 教授)
        太田 昇 氏(真庭市長)
        古口 達也 氏(茂木町長)

 ※配布資料はこちら【PDF13.6MB】


5 バイオマス産業都市認定地域のフォローアップ   
 バイオマス産業都市の取組を実現化していく際に得られたノウハウを幅広く紹介していくために、事業実施に伴う事業効果等の分析を含む汎用的な事例紹介様式の作成を行いました。



○ 参考資料 ○

〈構想作りのために〉
「バイオマス産業都市構想作成の手引き」(20140322版) 【PDF 2.1MB】
「バイオマス産業都市構想の雛形例」(20140322版) 【DOC 808KB】
「バイオマス産業都市構想作成の手引き〔解説編〕」(20140727版) 【PDF 573KB】


〈経理管理のために〉
「地域バイオマス産業化整備事業の事業実施主体を対象とした経理管理マニュアル」(20140322版) 【PDF 391KB】
「地域バイオマス産業化整備事業の事業実施主体を対象とした経理管理マニュアル」〔解説編〕」(20140727版) 【PDF 632KB】


〈都道府県、市町村のバイオマス活用推進計画〉
バイオマス活用推進計画の策定状況

〈市町村のバイオマスタウン構想〉
バイオマスタウン構想分析DB

〈過年度の事業〉
平成25年度地域バイオマス産業化支援事業(全国段階)

※なお、上記の手引き及びマニュアル等については、より活用しやすいように改訂していきたいと考えておりますので、皆様からのご意見等をお問い合わせ先までお寄せください。



○ バイオマス産業都市に関する基本情報 ○

バイオマス産業都市とは、地域のバイオマスの原料生産から収集・運搬、利用までの経済性が確保された一貫システムを構築し、地域のバイオマスを活用した産業創出と地域循環型のエネルギーの強化により、地域の特色を活かしたバイオマス産業都市を軸とした環境に優しく災害に強いまち・むらづくりを目指す地域です。

バイオマス産業都市について(イメージ) 【PDF 444KB】

バイオマス産業都市について(平成25年6月)
〔全体版 【PDF 3,726KB】〕

バイオマス産業都市のモデル例(10モデル)
【PDF 1.1MB】

バイオマス産業都市構想の概要(一次選定地域)
【PDF 2,870KB】

バイオマス産業都市構想の概要(二次選定地域)
【PDF 2.2MB】

バイオマス産業都市の選定地域(平成26年度) 【PDF 1.4MB】

バイオマス産業都市の選定地域(平成27年度) 【PDF 1.4MB】

バイオマス産業都市構想取扱要領

【農林水産省】バイオマスの活用の推進



○ バイオマス産業都市認定地域 ○

平成25年6月11日 平成25年度第一次選定地域(8地域)
地域名
概要版
構想
○北海道 十勝(とかち)地域
○北海道 下川(しもかわ)町
○北海道 別海(べつかい)町
○宮城県 東松島(ひがしまつしま)市
○茨城県 牛久(うしく)市
○新潟県 新潟(にいがた)市
○愛知県 大府(おおぶ)市
○香川県 三豊(みとよ)市

平成26年3月28日 平成25年度第二次選定地域(8地域)
地域名
概要版
構想
○北海道 釧路(くしろ)市
○北海道 興部(おこっぺ)町
○宮城県 南三陸(みなみさんりく)町
○静岡県 浜松(はままつ)市
○三重県 津(つ)市
○島根県 奥出雲(おくいづも)町
○岡山県 真庭(まにわ)市
○岡山県 西粟倉(にしあわくら)村

平成26年11月10日 平成26年度選定地域(6地域)
地域名
概要版
構想
○富山県 射水(いみず)市 1.【PDF 1.4 MB】
2.【PDF 1.5 MB】
○兵庫県 洲本(すもと)市
○島根県 隠岐の島(おきのしま)町
○福岡県 みやま市
○佐賀県 佐賀(さが)市
○大分県 佐伯(さいき)市

・平成27年度は募集期間終了
 〈参考〉平成27年度 バイオマス産業都市の募集について

平成27年10月30日 平成27年度選定地域(12地域)
地域名
概要版
構想
○北海道平取(びらとり)町
○宮城県大崎(おおさき)市
○山形県最上(もがみ)町
○栃木県茂木(もてぎ)町
○山梨県甲斐(かい)市
○京都府京丹後(きょうたんご)市
○京都府南丹(なんたん)市
○島根県飯南(いいなん)町
○岡山県津山(つやま)市
○福岡県宗像(むなかた)市
○大分県臼杵(うすき)市
○宮崎県小林(こばやし)市



○ 問合せ先 ○

〒104-0033
東京都中央区新川2丁目6番16号 馬事畜産会館401号室
一般社団法人日本有機資源協会(担当:菅原、土肥、柴崎)
電話番号:03-3297-5618 FAX番号:03-3297-5619
電子メールアドレス:sangyotoshi@jora.jp