JORAロゴ

報告書 ワーキングチーム セミナー シンポジウム

平成24年度食品事業者環境対策推進支援事業

 今年度の事業では、過去2年の成果を発展させ、フードチェーン全体を視野に入れた食品産業の環境対策の方向性について整理を行った。
 CO2削減については、関連の施策・制度を整理するとともに、エネルギー、廃棄物、用排水、容器包装、物流等の総合的な観点から食品産業における削減取組の必要性を整理し、具体的な対策をとりまとめた。
 また、食品ロスについては、商取引慣行に起因する食品ロスの削減に向けたワーキングチームを立ち上げ、製造・卸・小売の関係各社の参加により、返品やいわゆる3分の1ルールの改善についての協議の状況をとりまとめている。
 本事業の成果が今後の食品産業の発展と環境対策取組の推進に少なからず寄与するとともに、国民・消費者の一層の理解と協力につながることを期待するものである。



◇ 平成24年度食品事業者環境対策推進支援事業 報告書 ◇

平成24年度食品事業者環境対策推進支援事業 報告書(全177頁) 【PDF 30MB】


【分割】

 表紙 〜 目次 【PDF 992KB】

 T 事業の成果

   1.事業の目的と概要 【PDF 23MB】
     1−1 事業の背景
     1−2 24年度事業の進め方


   2.食品産業における温室効果ガス排出動向と削減に向けた動き 【PDF 2.77MB】
     2−1 温室効果ガスの排出動向
     2−2 食品関連事業者による取組状況
     2−3 食品産業において取り組むべき温室効果ガス削減対策


   3.食品産業におけるエネルギー削減対策 【PDF 2.2MB】
     3−1 食品産業におけるエネルギー削減の取組状況
     3−2 食品産業におけるエネルギー削減の考え方
     3−3 食品産業におけるエネルギー削減の具体的な方策


   4.食品産業における食品ロス削減の取組 【PDF 1.78MB】
     4−1 ワーキングチームとフードチェーンにおける商慣習の概要
     4−2 加工食品の食品ロスに関するアンケート調査の実施結果
     4−3 加工食品の食品ロスに関するヒアリング調査の実施結果
     4−4 ワーキングチームの検討結果 〜『中間とりまとめ』


   5.食品産業におけるCO2削減の方向性 【PDF 8.52MB】
     調査票
     資料
      1 温室効果ガス削減に向けた国際動向
      2 温室効果ガスの削減に関する法制度
      3 CO2排出量の定量的把握と表示
      4 推進体制(国や自治体の支援策等)



 U 研修会の開催結果

   1.開催概要 【PDF 346KB】
     1−1 食品事業者環境対策推進支援事業セミナー
     1−2 食品ロス削減シンポジウム「みんなで取り組む食品ロス削減」


   2.配布資料 【PDF 15.7MB】



◇ 参考資料  ◇


1)平成23年度食品事業者環境対策推進支援事業

平成23年度食品事業者環境対策推進支援事業で実施したセミナー及びシンポジウムの資料をPDFでご覧いただけます。


食品廃棄物発生抑制・CO2排出削減セミナー

これからの環境対策を考えるシンポジウム


2)平成22年度食品廃棄物発生抑制推進事業報告書

 平成22年度食品廃棄物発生抑制推進事業の報告書をPDFでご覧いただけます。


表紙・はじめに・もくじ 【PDF 2.2MB】

T 事業の成果
1.事業の背景と目的 【PDF 2.3MB】 
1−1 本事業の背景

2.食品廃棄物等の発生要因 【PDF 6MB】
2−1 業態ごとの食品廃棄物等の発生要因
2−2 食品の種類ごとの食品廃棄物等の発生要因

3.発生抑制の実施状況と課題 【PDF 12.6MB】
3−1 発生抑制推進のための考え方

4.発生抑制の具体化に向けて 【PDF 7.3MB】
4−1 成果説明会の開催
4−2 発生抑制の具体化に向けて>
資 料 【PDF 3.7MB】

U 成果説明会の開催結果
基調講演資料@AB 【PDF 10MB】
取組事例資料@A/成果説明資料 【PDF 13.2MB】




お問い合わせ
JORA 一般社団法人日本有機資源協会 
Japan Organics Recycling Association
〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16 馬事畜産会館401号室
TEL:03-3297-5618   FAX:03-3297-5619
担当:嶋本・出越

JORAサイトトップ >食品事業者環境対策推進支援事業 セミナー